Ignasi Terraza

After his first public appearance in 1980, Ignasi Terraza (born in 1962) has played an important role in the Barcelona Jazz scene. His style has placed him amongst the most in demand accompanists in the City, allowing him to back up many of the American musicians visiting Wess, Jesse Davis, Gene “Mighty Flea” Conners, Teddy Edwards, Ralph Lalama, Lou Donaldson, Brad Leali or Donald Harrison as well as Michelle, Randy Greer, Michelle McCain, Lavelle, Dee Daniels, Ann Hampton Callaway or Stacey Kent. Terraza has also been, since its key members of the Barcelona Jazz Orchestra. But Terraza’s favorite setting is, indeed, his trio: regular partners include the likes of bassists Pierre Boussaguet, Darryl Hall or Horacio and drummers Gregory Hutchinson, Bobby Durham, Jeff Hamilton, Alvin Queen, Jorge Rossy, Leon Parker or Jean-Pierre Derouard. Influenced by Oscar Peterson, Wynton Kelly and Ahmad Jamal, and rooted in the classic jazz tradition, Terraza is featured in more than 20 in a Trio format: Let me tell you something (1999), Jazz in the darkness (1999), It’s coming (2004), and In a sentimental Groove (2005) best jazz record of 2006 award given by the Spanish magazine Jaç).

During the last ten years Terraza has kept busy playing all around Spain, as well as in Festivals and club dates in France, United Kingdom, Portugal and Switzerland. Ignasi Terraza trio also toured Asia for two times playing inChina, The Philippines and Thailand. On May 21st, 2009, Ignasi Terraza became the winner of the 25th edition of The Great American Jazz Piano Competition, an extremely in Jacksonville, Florida, since 1983. This special award was won on previous editions by pianists like Marcus Roberts, Lynne Arriale or Kenny Drew Jr. The jury (Marcus Roberts, Doctor John and Naim Talib Rashid) chose Ignasi amongst 46 other pianists because of “his personal musical view” and “his ability to transmit it”. In 2010 his record “Night sounds” have been included in the sound track of latest Travolta movie “from Paris with love”. - See more at: http://ignasiterraza.com/bio/#sthash.CWtmAeCi.dpuf

Japanese Biography:

1980年初舞台以来、イグナシ・テラサ(1962年、バルセロナ生まれ)は バルセロナジャズシーンで重要な役割を務めてきた。 彼独自のリズミカルな演奏スタイルは、伴奏者としてバルセロナで最も高い評価を受けており、これまで、フランク・ウエス、ジェシー・デイビィス、ジン“マイティフリー”コナー,テディ・エドワーズ、ラルフ・ララマ、ルー・ドナルドソン、ブラッド・レアリー、ドナルド・ハリソンをはじめとするアメリカのジャズ奏者、歌手ではシャーミン・ミッシェル、ランディ・グリーア、ミシェル・マケイン、ラヴェル、ディー・ダニエルズ、アン・ハンプトン・キァラウェイ、ステイシー・ケントらのスペイン公演の伴奏を手がけている。 同時に彼は、バルセロナジャズオーケストラの創立以来、重要なメンバーの一人である。 しかし、彼の活動の拠点は彼の組むトリオである。レギュラーメンバーには、ベースのピエール・ブサグット、ダリル・ホール、オラチオ・フメロ、そしてドラムに、グレゴリー・ハッチンソン、ボビー・ダラム、ジェフ・ハミルトン、アルビィン・クイーン、ホルヘ・ロッシー、レオン・パーカー、ジャンピエール・デラードを迎えている。 オスカー・ピーターソン、ウィントン・ケリー、アハマド・ジャマルの影響を受けつつ、クラッシックジャズの伝統に根ざすテラサは、15枚以上のCDの録音に参加している。 そのうち4枚、Let me tell you something(1999)、Jazz a les fosques闇の中のジャズ (1999)、It’s coming(2004)、In a sentimental Groove(2005)-Jac(スペインジャズ誌)の企画する2006年ジャズディスコ最優秀賞を受賞)― は、彼の率いるトリオによるもの。     テラサは、この10年スペイン同様、スイス、ポルトガル、フランスのフェスティバル、クラブでも積極的な活動を行なっている。その中で特に注目したいのが、Jazz Aux Ramparts Festival(バヨンヌ), Jazz in Marciac Festival、 Montreux Jazz Festival、 Jazz a Ramatuelleであろうか。 2006年、イグナシ・テラサ・トリオは、中国、フィリピィンにて、初のアジアツアーを行なう。

Copyright Switrecords C\Mallorca 326(Barcelona) 08037 619 31 65 53, All Rights Reserved

Web design and implementation by Marc Tula - tulaguardiolamarc@gmail.com